茨城大学
工学部
機械工学科

助教

北山 文矢

キタヤマ フミヤ
Kitayama Fumiya

経歴

  1. 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員 DC2 2014/04-2015/03
  2. 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員 PD 2015/04-2016/03

学歴

  1. 山口大学 工学部 機械工学科 2010/03 卒業
  2. 大阪大学 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 博士前期 2012/03 修了
  3. 大阪大学 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 博士後期 2015/03 修了

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学 2015/03

研究分野

  1. 機械力学・制御
  2. 知能機械学・機械システム

研究キーワード

  1. 電磁アクチュエータ
  2. リニア振動アクチュエータ
  3. 立位安定化

研究テーマ

  1. アクティブ・コントロール・エンジンマウント用リニア振動アクチュエータの開発 2010-現在
  2. 2可動子独立駆動型リニア振動アクチュエータの開発 2015-現在
  3. 脚支援システム用触覚提示デバイスの開発 2016-現在

競争的資金等の研究課題

  1. 広周波数帯駆動のための 2 軸独立駆動型リニア振動アクチュエータの開発 科研費以外 研究助成金 公益財団法人 永守財団 永守財団 研究助成2017 2017/10-2018/10
  2. 広周波数帯駆動のための 2 軸独立駆動型リニア振動アクチュエータの開発 科研費以外 研究助成金 公益財団法人 永守財団 永守財団 研究助成2016 2016/10-2017/10
  3. 共振周波数が可変なアクティブ・コントロール・エンジンマウントの開発 科研費 特別研究員奨励費 2014/04/25-2015/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 三入力で駆動する二つの可動子を有するリニア振動アクチュエータの提案 北山 文矢,平田 勝弘,近藤 良 日本AEM学会誌(掲載決定) 2018
  2. 2つの可動子を有するリニア振動アクチュエータの動特性 北山 文矢,平田 勝弘,近藤 良 日本AEM学会誌 25/ 2, 180-185 2017/06
  3. 研究論文(学術雑誌) Proposal of linear oscillatory actuator using DC motor for active control engine mount M. Kobayashi, F. Kitayama and K. Hirata International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics 52, 1647-1653 2016/12
  4. 研究論文(学術雑誌) Least means square adaptive control with step delays for phase compensation F. Kitayama, K. Hiratam and T. Yamada International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics 52, 1161-1168 2016/12
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 ActiveVibration Damping of Linear Oscillatory Actuator Using DC Motor SangGook Lee, Katsuhiro Hirata, Fumiya Kitayama and Eunji Hong Proceedings of IEEE IECON 2016 2016/10

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 下肢障害者用装着型脚支援システムのための手動制御と自動制御の両立 The 18th SICE System Integration Division Annual Conference(SI2017) 2017/12/22
  2. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 リニア振動アクチュエータの開発のライフサポート分野における応用 第4回 茨城大学附属教育研究センター 公開シンポジウム 2017/10/30
  3. 口頭発表(一般) 二つの可動子を有するリニア振動アクチュエータの実機検証 MAGDA2017 2017/10/26
  4. 口頭発表(一般) バイラテラル制御を用いた装着型脚支援システムー歩行動作への影響ー 第25回茨城講演会 2017/08/29
  5. 口頭発表(一般) 下肢障害者のための立位自動安定化制御 第25回茨城講演会 2017/08/29

所属学協会

  1. 日本AEM学会
  2. 電気学会