茨城大学
工学部
生体分子機能工学科

教授

五十嵐 淑郎

イガラシ シユクロウ
IGARASHI Shukuro
  • Tel.0294-38-5059
  • Fax.0294-38-5078

経歴

  1. 東北大学工学部助手 1981/04-1990/10
  2. ウエイク・フォーレスト大学化学科博士研究員 1986/05-1987/05
  3. 東北大学工学部講師 1990/11-1993/03
  4. 茨城大学工学部助教授 1993/04-2001/11
  5. 茨城大学工学部教授、現在に至る。 2001/12-現在

学歴

  1. 北海道大学 工学研究科 応用化学 1981 修了

学位

  1. 工学博士

研究分野

  1. 分析化学

研究キーワード

  1. 分離・計測化学、環境分析、生体分析、材料分析、簡易分析(eye-Mip法)、金属-ポルフィリン錯体、超高感度分析試薬、均一液液抽出法(HoLLE法)、超高倍率濃縮法(Tricom法)およびCascade法(カスケード:連なる小滝)、自己触媒反応(Cobla Flow法)、金の選択的分離回収システム(g-MOVE法)、時間計測ー化学発光法(iTem-CL法)、ランタイド金属の選択的回収方法(La-VEBA法)、 金・銀・水銀の分離材(SO-1)、レアメタルリサイクル法(Escarugot System)、色彩電位センサ(OSTI) 

研究テーマ

  1. フッ素界面活性剤による均一液液抽出法の開発
  2. ポリフィリンを用いる超微量計測法に関する研究
  3. X線CT,MRI用新規造影剤の開発

共同・受託研究希望テーマ

  1. 有価物の濃縮・分離・回収法の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究
  2. 超微量分析法の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究
  3. 簡易分析法の開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 技術相談,受託研究,共同研究

著書

  1. 製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウーイオン液体を用いた均一液液抽出法による微量元素の分離濃縮ー 山口仁志、五十嵐淑郎、押手茂克 技術情報協会 2014/03/20
  2. 分析化学用語辞典 編集幹事;五十嵐淑郎他6名 オーム社 2011/10/20 978-4-274-21091-4 基礎分析化学分野・光分析分野(「均一液液抽出法」・「イオン液体」・「吸収スペクトル」など)
  3. 分析化学便覧(改訂六版) 五十嵐淑郎 丸善出版 2011/09/20 978-4-621-08409-0 試料の調製法(濃縮・分離)
  4. 分析試料前処理ハンドブック 丸善 2003/01
  5. 分析科学のルネッサンス -問題解決能力を養うカリキュラム改革- 五十嵐淑郎 他 学会出版センター 2001/08

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 β-Cyclodexextrin as a Metal-anionic Porphyrin Complexation Accelerator in Aqueous Media Takao Ohtomo, Aya Yokoyama, Mitsuyuki Konno, Osamu Ohono, Shukuro Igarashi, Yoshitaka Takagai Analytical Sciences The Japan Society for Analytical Chemistry 32/ 6, 623-629 2016/06/15
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Development of Original Attachment and Application Software for Simple Fluoride Analysis Using Smart Device Atsushi Manaka, Takahiro Ichida, Takeru Nakamura, Shoichi Fruyama, Makoto Satoda, Masamoto Tafu, Mitsuteru Irie, Shukuro Igarashi Modern Environmental Science and Engineering Academic Star Publishing Company 2/ 5, 289-293 2016/05/30 2333-2581
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Homogeneous Liquid-Liquid Extraction(HoLLE) of Palladium in Real Plating Wastewater for Recovery Takeshi Kato, Shukuro Igarashi, Osamu Ohno,Shotaro Saito, Ryo Ando International Journal of Environmental Protection Scientific Reaserch Publishing 7, 277-286 2016/02/26 10.4236/jep.2016.72024
  4. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 変色した「時間」・「数」による濃度の計測技術 間中淳・五十嵐淑郎 化学と教育 日本化学会 64/ No.1, 20-21 2016/01/20 0386-2151
  5. (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ) 共著 Separation and recovery of beryllium based on pH-sensitive polymer as functional separation media Takeshi Kato, Shukuro Igarashi PACIFICHEM 2015 ANYL-1260 2015/12/20

研究発表

  1. ポスター発表 イオン液体系均一液液抽出法を前段濃縮に用いる大腸菌のリアルタイムPCRの検討 第13回日本分析化学会茨城地区分析技術交流会 2016/12/02
  2. ポスター発表 フッ素系界面活性剤と第四級アンモニウム塩から成るイオン液体を用いる貴金属元素の相分離への応用 第13回日本分析化学会茨城地区分析技術交流会 2016/12/02
  3. ポスター発表 めっき廃液を想定したpH刺激応答性ポリマーに基づくレアメタル分離・回収法 第13回日本分析化学会茨城地区分析技術交流会 2016/12/02
  4. ポスター発表 トリフェニルコロールによる水銀(II)の蛍光分析 第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会 2016/11/25
  5. ポスター発表 羊毛の化学修飾による機能化固相抽出担体の開発と金属の分離・回収 第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会 2016/11/25

芸術活動、建築作品等

  1. その他 「均一溶液からの相分離による抽出分離法((]G0002[))」に関する特許 1990-現在
  2. その他 均一溶液からの相分離による抽出分離法(()G0001[]))に関する特許 1988-現在

知的財産権

  1. 特許 吸着材及びこれを用いた分離方法 特願2015-227416 2015/11/20
  2. 特許 電位-色彩測定法 特願2015-220310 2015/11/10
  3. 特許 有価金属の回収方法(国際出願) PCT/JP2011/58756 2011/04/01
  4. 特許 放射性セシウムイオンの分離回収方法及びプルシアンブルー吸着剤 特願2015-124232 2015/06/19 公開2017-009392 2017/01/12
  5. 特許 イオン液体を用いる金属イオンの分離回収方法 特願2013-217829 2013/10/18 公開2015-077583 2015/04/23

受賞

  1. 日本分析化学会学会賞 超微量分析を志向する新規な化学反応の発見と分析システムの創成 2016/09/15
  2. Analytical Science Hot Article Award 2016 β-Cycrlodextrin as a Metal-anionic Porphyrin Complexation Accelerator in Aqueous Media 2016/06/10
  3. フローインジェクション分析 学術賞 2008
  4. 分析化学東京シンポジウム 金賞 2002
  5. 日本溶媒抽出学会 最優秀賞 2002

所属学協会

  1. 日本薬学会
  2. 日本分析化学会
  3. 日本溶媒抽出学会
  4. 日本化学会
  5. 日本化学工学会 2010/02-現在