Ibaraki University's
College of Agriculture
Department of Food and Life Sciences

顔写真
Professor

TOSHIMA Hiroaki

  • Birth:1962

Other affiliation / position

  1. Institute for Liberal Arts Education Department of Arts and Sciences 部門長(兼務教員)

Career

  1. 田辺製薬株式会社(有機化学研究所) 1990/04/01-1991/03/31
  2. 北海道大学助手農学部 1991/04/01-1999/03/31
  3. 北海道大学大学院助手農学研究科 1999/04/01-2001/03/31
  4. 茨城大学助教授農学部 2001/04/01-2007/03/31
  5. 東京農工大学大学院連合農学研究科(併任) 2001/10/01-Present
  6. 茨城大学准教授農学部 2007/04/01-2008/03/31
  7. 茨城大学教授農学部 2008/04/01-Present

Academic background

  1. Keio University Faculty of Science and Engineering 化学 1985/03/31 Graduated
  2. Keio University Graduate School, Division of Science and Engineering 化学 Doctor course 1990/03/31 Completed

Academic degrees

  1. 理学博士 Keio University 1990/03/31

Current state of research and teaching activities

植物の病害および生理機能に関与する生理活性物質の合成およびその合成プローブを用いた生理機能発現機構の解明
植物の病原菌は植物に対して感染し生理作用を示す場において、植物毒素などの低分子有機化合物(生理活性物質)を使っている。植物毒素の生理作用には植物ホルモン様のようなもの、またそれとは異なる独自のものがあり様々である。我々は、このような植物の病害および生理機能に関与する生理活性物質を化学合成し、さらに生理機能発現に対する分子レベルでのより詳細な機構を解明するために合成プローブの開発を進めている。

Research Areas

  1. Synthetic Organic Chemistry
  2. Bioorganic Chemistry

Research keywords

  1. natural product, coronatine, jasmonic acid, diterpene, synthesis, biosynthesis, probe, KODA

Subject of research

  1. 植物毒素コロナチンをプローブとした植物オクタデカノイドシグナル伝達系の解明 植物毒素コロナチンのプローブを合成し、ジャスモン酸関連化合物の植物ホルモンとしての機能を解明する 1994-Present
  2. 生理活性ジテルペン類の生合成における環化機構の研究 多環性ジテルペンの生合成中間体を化学合成し、各種ルイス酸や環化酵素当で環化することで新規骨格の形成とともにその環化機構を解明する 1998-Present
  3. 花芽誘導に関与する脂肪酸関連化合物の合成および機能解明に関する研究 花芽誘導に関与する脂肪酸としてKODAの化学的安定性を付与した関連化合物とそのプローブを合成し、低分子化合物が関与する花成における機能解明にをめざす。 2002-Present

Proposed theme of joint or funded research

  1. Study on a Plant Growth Regulator, Coronatine Joint research with other research organizations such as universities.
  2. 脂肪酸誘導体による花芽誘導機構の解明 (キーワード) 脂肪酸、KODA Joint research with other research organizations such as universities. Joint research

Bibliography

  1. 植物生理現象解明の鍵化学物質コロナチン 戸嶋浩明 大学教育出版 2005 植物の知恵-化学と生物からのアプローチ- 山村庄亮, 長谷川宏司 編著
  2. Coronatine: Chemistry and Biological Activities A. Ichihara and H. Toshima. CRC Press LLC 1999 BIOLOGICALLY ACTIVE NATURAL PRODUCTS: Agrochemicals
  3. 植物病原菌由来の植物成長調節物質 市原耿民, 吉原照彦, 戸嶋浩明 学会出版センター 1997 植物病害の化学
  4. Total Synthesis of Bioactive Natural Spiroethers, Tautomycin and Oscillatoxin D A. Ichihara, H. Oikawa and H. Toshima Elsevier Science B.V. 1996 Studies in Natural Products Chemistry,Volume 18 Stereoselctive Synthesis (Part k)

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint Heterologous biosynthesis of fungal indole sesquiterpene sespendole Kosei Kudo; Chengwei Liu; Tomoyuki Matsumoto; Atsushi Minami; Taro Ozaki; Hiroaki Toshima; Katsuya Gomi; Hideaki Oikawa ChemBioChem Wiley-VCH 19/ 14, 1492-1497 2018/05/02 10.1002/cbic.201800187
  2. Research paper (scientific journal) Joint Xylosylated Detoxification of the Rice Flavonoid Phytoalexin Sakuranetin by the Rice Sheath Blight Fungus Rhizoctonia solani S. Katsumata, H. Toshima, M. Hasegawa Molecules 23/2, 276 2018/01/29 1420-3049
  3. Research paper (scientific journal) Joint Identification of sternbin and naringenin as detoxified metabolites from the rice flavanone phytoalexin sakuranetin by Pyricularia oryzae S. Katsumata, K. Hamana, K. Horie, H. Toshima, M. Hasegawa Chemistry & Biodiversity 14/2, e1600240 2017/02/14 1612-1872
  4. Research paper (scientific journal) Joint Ultraviolet-induced amides and casbene diterpenoids from rice leaves Kiyotaka Horiea, Kengo Sakaib, Misaki Okugib, Hiroaki Toshima, Morifumi Hasegawaa Phytochemistry Lett. 15, 57–62 2016/03/01 1874-3900 10.1016/j.phytol.2015.11.009
  5. Research paper (scientific journal) Joint Identification of UV-Induced Diterpenes Including a New Diterpene Phytoalexin, Phytocassane F, from Rice Leaves by Complementary GC/MS and LC/MS Approaches Kiyotaka Horie, Yasuno Inoue, Miki Sakai, Qun Yao, Yosuke Tanimoto, Jinichiro Koga, Hiroaki Toshima, and Morifumi Hasegawa J. Agric. Food Chem. 63/ 16, 4050-4059 2015/04/11 10.1021/acs.jafc.5b00785

Research presentations

  1. Oral presentation(general) イネのアミド型ファイトアレキシンの病原真菌による代謝 日本農芸化学会 2019 年度大会 2019/03/24
  2. Oral presentation(general) イネフィトアレキシンであるモミラクトンAのイネ病原真菌による代謝 日本農薬学会第43回大会 2018/05/26
  3. Oral presentation(general) イネ紋枯病菌によるフィトアレキシン代謝産物の構造決定及び抗菌活性 日本農芸化学会2018年度大会 2018/03/16
  4. Oral presentation(general) 植物病原菌に対するイネフィトアレキシンの抗菌活性 日本農芸化学会2017年度大会(2017) 2017/03/18
  5. Poster presentation シクロペンタン導入型KODA類縁体の合成研究 日本農芸化学会2016年度大会(2016) 2016/03/28

Prizes

  1. 2000年度農芸化学奨励賞(日本農芸化学会) 植物の病害および生理機能に関与する生理活性物質の合成研究 2000/04

Alloted class

  1. Basic Organic Chemistry
  2. Advanced Natural Product Chemistry
  3. 化学基礎
  4. 化学実験
  5. Synthetic Organic Chemistry of Natural Products

Memberships of academic societies

  1. 日本農芸化学会 1992/04/01-Present
  2. 日本化学会 1985/04/01-Present
  3. 有機合成化学協会 1987/03/01-Present
  4. 植物化学調節学会 1995/04/01-Present
  5. 日本農薬学会 2002/04/01-Present

Committee Career

  1. 日本農薬学会 農薬デザイン研究会 農薬デザイン研究会委員 2017/04/01-2019/03/31
  2. 日本農薬学会 編集委員 2011/04/01-2017/03/31
  3. 日本農芸化学会 英文誌編集委員 2011/04/01-2015/03/31
  4. 有機合成化学協会 編集委員 2011/03/01-2013/02/28